新着記事

コモディティ・アナリシス

内部要因は沈静化

〇WTI:80-70ドルレンジで推移 ニューヨーク原油(WTI)は、下落トレンドに転じた9月下旬以降、需要懸念等を背景に約19%低下している。 米経済景気後退と世界的な原油需要の停滞を巡る懸念が強まる中、米原油在庫の大幅積み増し、また世界...
コモディティ・アナリシス

供給逼迫(ひっぱく)懸念と需要減退懸念が価格動向を相殺

2023/08/22 12:18◎〔アナリストの目〕WTI、75~85ドルレンジで推移=吉中晋吾氏ニューヨーク原油(WTI)は、6月末から続いた上昇相場も一服、足元、中国問題の深刻化を背景に価格修正のタイミングにある。中国の不動産危機が深...
コモディティ・アナリシス

◎〔アナリストの目〕異様な静けさ=吉中晋吾氏

2023/06/27 09:59 ◎〔アナリストの目〕WTI、70ドルレンジで様子見=吉中晋吾氏  ニューヨーク原油(WTI)先物相場は、ロシア不安の中、異様な静けさを保っている。世界的な景気鈍化に対する懸念が残る中、市場参加...
コモディティ・アナリシス

◎〔アナリストの目〕原油需要増への期待と追加利上げによる経済圧迫

2023/05/30 09:50◎〔アナリストの目〕WTI、当面は65~85ドルレンジ=吉中晋吾氏 ニューヨーク原油(WTI)先物相場は、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成するOPECプラスを控え、ポジション調整主導...
タイトルとURLをコピーしました